2015年5月24日日曜日

動物園の入場料比較

子供がいると、休日を何もせずのんびり過ごすというのが不可能になり、何かしないといけなくなる。で、今日は Oakland Zoo に行ってきた。以前に San Francisco Zoo にもいったことがあるので、この辺(SF 及び北東地域)の Zoo は制覇したことになる。


ふと気になって、動物園の入場料について調べてみた。メインの客は小学生だろうと仮定して、大人の入場料と小学生の入園料は以下のとおり。

(日本の動物園のうち、富士サファリパークは私立、他は公立)

日本の公立動物園の入園料の安さは一見して明らかだ。
誰でも入園できるようにという意図なのだろうが、赤字分は税金から補填されているはずで、それは公平な税金の使い方だとは思えない。動物園に行ったこともない納税者も多いだろうに。

そもそも動物園に行くという行動の価格弾力性は低いと思う。メインの客が子供を連れた家族だと仮定するなら、個人的な経験から言うと、入園料よりも例えば移動にかかる時間や移動の手間の方が負担だ。
子連れで(特に東京では普通であろう)電車で移動するのはとても苦痛だ。乗り換えの手間や車内で静かにさせる手間を考えれば、入園料が 600 円だろうが 1,200 円だろうが大して問題ではない。
また、「入園料が 1,200 円なら年 1 回しか行かないけど、600 円なら 2 回行く」というのも考えづらい。だったら 1,200 円に設定した方が良いだろう。受益者負担の原則にも則っている。

まぁ東京都はお金持ちなのでいいとしても、財政危機の横浜のズーラシアは入園料を見直した方が良いのでは・・・。

0 件のコメント:

コメントを投稿