2015年4月27日月曜日

写真は Dropbox で管理することにした

子供が生まれると写真を撮ることが多くなって、Mac のディスクを圧迫し始めた(しかも仕事用 Mac)のと、妻が撮った写真とまとめて管理したいよねということで、写真整理について真面目に考えてみた。

単に写真を管理するだけなら、Picasa, Flickr, iPhoto などの選択肢があるが、複数人が同じ場所に写真をアップしたい、というニーズを満たしてくれるツールはあまりない。見つけられないだけかもしれないが。
例えば旅行に行くと、自分は自分の携帯で、妻は妻の携帯で写真を撮るが、これはまとめて保存しておきたい。

Dropbox が良さそうだが、無料アカウントの 6GB だと写真には足りない。夫婦で Dropbox Pro アカウント (1TB x 2) にすると $200/year かかって、ちょっと高い気がする。セキュリティ上はあまり好ましくないが、夫婦でアカウントを共有して、$100/year 払うことにした。
こんなことができるのは、Dropbox をたいして活用してないからで、Google や Apple のアカウントを共有するのはちょっと無理だ。

Dropbox は写真管理に力を入れつつあるようで、Carousel という iPhone/android アプリを使えば、携帯で撮った写真を簡単にアップロードできる。ウェブの UI もなかなか良い。EXIF を読んで、時系列に並べ、地名をつけてくれる。
Picasa や Flickr のような編集機能がないが、そもそも編集機能はほとんど使わないので、まあいいか。使いたくなったらその写真だけ、Picasa/Flickr にアップすればいいし。
Carousel UI 画面右のスライダーが良い感じ
以前 iPhone から android に移行した際に、iPhoto に入れていた写真を全て Picasa に移動したのだが、今度はまた Dropbox に移動することになった・・・。
Google - Dropbox 間でデータを移動するのが理想的だが、そういうサービスはないので、古典的に、まず Google からローカルに落として、Dropbox にあげることにした。ネットワークの無駄遣いだがしょうがない。

Google Takeout は Google に置いているデータをバルクダウンロードするサービスで、写真もここからダウンロードできる。
Google Takeout 良いサービス名 
デフォルトでは日付が名前となったアルバムになるらしい
Google Takeout からは、2GB ごとの zip ファイルとしてダウンロードできるので、それを復元すれば Dropbox に入れられる。

2010 年ごろからの写真を全ていれて 35GB になった。1TB 埋め尽くすことはない・・・かどうかはカメラの解像度の進化によるなぁ。

0 件のコメント:

コメントを投稿