2015年4月28日火曜日

自分の context switch のコストを下げたい

意識的に思考をアウトプットしてみよう、と思って毎日 blog を書く予定(ただし back filling は許す)だったが、早くもネタ切れ状態。つまり意識的に考えてる時間があんまりないということだろう。

じゃあ何に時間を使っているかというと・・・、
  • 子供 1 の世話: preschool の送り迎え、弁当作り、ご飯食べさせる(2 時間)
  • 子供 2 の世話: ミルク飲ませる、哺乳瓶洗う、オムツ替える、病院に連れて行く(1 時間)
  • 家事: 買い物する、ご飯作る、洗濯する(2~3 時間)
  • 自分のこと: ネット見る、本読む、テレビ見る、ジョギングする(3 時間)
  • その他: 家探し、子供 2 の保険や戸籍の手続きなど(?)
これで 8~9 時間。と考えると、もう少し時間が作れそうだけど、時間が細切れになると context switch のコストが高くて効率悪くなる。うーん、仕事してるときの悩みと同じだなこれは。

作業の順序は変えられない(interrupts が入ってきて、だいたいリアルタイムに処理しないといけないため)という前提で、context switch のコストを下げる life hack を考えたい。

2 件のコメント:

  1. 返信
    1. 今、育児休暇中なんでこれしかやってないんです。仕事してないので。

      削除