2015年4月30日木曜日

不動産価格と API (Academic Performance Index)

アメリカ生活を始めて 2 年が過ぎた。この 2 年間の生活面(仕事じゃなくて)で何が大変だったかというと、やはり子供に関することだと思う。アメリカで生活してみたい、働いてみたいという方には、独身時代、もしくは結婚直後子供が生まれる前に試してみることを強くお勧めします。東大ドクター新卒で 1,800 万もらえるなら早く来てみるといいと思いますよ、本当に。

教育について日本と一番違うのは、公立校が(も?)全てランク付けされていて、学校のランクと住居費用(レントも売買価格も)とに強い相関があることだろう。

カリフォルニアの学校は Academic Performance Index (API) というスコア(多分、生徒のテスト結果の平均点とか?)でランク付けされる。これは 200 - 1000 のスコアで、知り合いに聞いたところでは 850 ぐらいが良い学校かどうかの閾値っぽい。
もちろん学校を測る指標は学力だけではないが、この値が重視されるのは当然だろう。「先生がフレンドリー」みたいな指標は数値化できないし。(そういえば日本も私が子供の頃は全国統一テストがあって、その後廃止されたような気がするけど、あれは何でだっけ?)

この API は不動産価格との相関がとても強い。ベイエリアで最も学区が良いのは多分 Cupertino だと思うのだが、ほぼ全ての小学校の API スコアが 900 以上になっている。Redfin というサイトで不動産価格を見てみると、$/sq.ft.(スクエアフィートあたりの価格)が $800 から $1000という恐ろしいことになっている。隣の Santa Clara (API / Redfin)や Sunnyvale (API / Redfin)と比較すると、Cupertino の高さが際立つ。ちなみに Santa Clara も Sunnyvale もほかの地域に比べると十分良い学区だし、不動産は高い。
不動産が高いと高収入の家族しか住めないし、そういう家庭はたいてい教育環境も整っていて、そういう子供が通う学校の API スコアが上がる。それが不動産価格を押し上げ、さらに高収入の家庭が集まる、というポジティブフィードバックが働いているんだろう。

日本/東京でももちろん不動産が高い地域と安い地域があるが、それが公立校の成績とリンクしているというのは聞いたことがない。

「じゃあ安い地域に住んで、私立校に行けばいいじゃないか」という話もあるが、私立校は年間 $30,000 ぐらいかかる(と聞いた)ので、どっちが経済的にメリットがあるかはわからない。というか、経済的にバランスするように不動産価格が動いている気がする。


あと、病院・医療と日本語教育について書こうと思ってたけど、十分長くなったのでこのへんで。あんまりたくさん書くとまたネタに困るし。


追記
書き出しと内容がリンクしてなかった・・・。
これがなんで子供と関係あるかというと、子供がいなければ API を気にせず、安い(けどそれなりに安全な)地域に住めるから。子供がいると、学区が悪いところには住めない。

0 件のコメント:

コメントを投稿