2010年3月25日木曜日

日本特有のメール作法からメールフォーマットの改訂を希望する

たいして新しい話題でもないのですが、今朝Twitter経由で教えてもらった
マナーのあるメールの書き方 〜宛名は敬称に気を配ろう〜
に驚いたことと、その後1時間ほど歯の治療をしていて、この件について考えるより他にすることが無かったことがあり、ブログにしたためることにしました。

この「マナーお悩み速攻解決」の論点は2つあります。
  •  To, CCなどのアドレスのdisplay-nameには社名や敬称をつけよ
  •  メール本文は、社名・部署名・肩書き+名前で始めよ
ITのようなリベラルな業界にいると、取引先の担当者も「さん」づけだったりするので、後者については違和感があります。つまり、
    日経BP社        → 1行目に社名
    ●事業部        → 2行目に部署名
    編集長 木村太郎 様   → 3行目に肩書き+名前+様
    なんて書くことはなくて、
    木村さん
    で始めるわけです。(私は社名もつけません。面倒だし、間違えると大変だから。「キャノン」とか。)
    とはいえ、「会社に所属する」という意識が強い保守的な業界では、社名・部署名を書くのは納得できるところではあります。

    前者については(自分の中で)賛否があって、「自動的に挿入されたものをなぜわざわざ書き換えないといけないのか」と思う一方、「同僚に『様』がついている一方、取引先が呼び捨てのまま送るのはちょっと・・・」とも思うわけです。

    そもそも大抵のMUAでは、メールの新規作成時には、送信先を記入するコントロール(つまりToフィールド)にキャレットが表示され、返信時には、本文を記入するコントロールにキャレットが表示されます。(今確認したら、Gmailでもそうだった。)つまり、Toフィールドを書き換えるということは、マウスクリックするなり、Shift+Tabを押すなりしてキャレットを動かす必要があるわけで、これは非常に面倒な作業です。

    なぜそこまでして書き換えないといけない(と思われている)のかというと、人の呼び名がその人との関係によって異なるからです。木村太郎さんは「木村さま」だったり「木村さん」だったり「木村」だったり「木村編集長」だったり「パパ」だったり「あなた」だったりするわけです。
    これを、上下関係を重視する日本固有の事情と理解するのは違うと思われます。相手との関係によって呼び名が変わるというのは、多くの国の文化として根付いていると思われます。三國志(というか中国)を読んだときに、「相当親しい関係でないと名前で読んではダメで、普通の人は字(あざな)で呼ばなくてはいけない」と書いてあった気がいます(吉川三国志かな)。Wikipediaによれば、
    その人物が官職に就いた場合は官職名で呼ぶことが優先された(諸葛亮なら「諸葛丞相」。丞相が官職名である)。この場合、親しい間柄以外は、字で呼ぶことは、諱(引用者注:名前のこと)ほどではないにしても少々無礼なこととされていた。
    だそうです。

    "display-name" の成り立ちは「メールアドレスだけだと誰だかわからん」という問題だと推測されるのですが、だとすると、そして「関係によって呼び名は変わる」ことをあわせて考えると、「返信時に "display-name" も自動的にTo, CCフィールドに挿入される」という機能がバグではないかと。もっと言うと、To, CCに"display-name"が書けてしまうのは「仕様のバグ」ではないかと。

    "display-name" が、「t.kimura@example.comというアドレスを使っている私は木村太郎です」というように自分を明示するための機能であるとすれば、To, CCなどの「相手」を示すフィールドに "display-name" を記載する必要はないのです。

    というわけで、メールフォーマットの仕様を改訂して、To, CC, BCCには "addr-spec"(いわゆるメールアドレス)しか書けないようにして、"display-name" はFromとSenderにのみ許すのが良いと思いました。

    だれかRFC書いてくれ。

    0 件のコメント:

    コメントを投稿