2009年12月6日日曜日

Sleep Cycle: レム睡眠時に起こしてくれるiPhoneアプリ

「毎朝快適に起きたい」というのは全人類の夢ですが、それを叶えてくれる(かもしれない)のが、Sleep CycleというiPhoneアプリです。これは「寝返りを検出し、睡眠パターンを調べて、レム睡眠になったタイミングで音を鳴らし、快適に起こしてくれる目覚まし時計」だそうです。

とりあえず商品説明を聞いた瞬間に、
  1. iPhoneで寝返りが検出できるのか?
  2. 寝返りのパターンからレム睡眠がわかるのか?
  3. レム睡眠時に起きると快適なのか?
という疑問が浮かんだので、調べてみました。

iPhoneで寝返りが検出できるのか?
→できる(false positiveもあり?)
Sleep Cycleにはテスト機能があります。テストモードにしたiPhoneをベッドに設置し、ベッドで実際に寝返り(だと思っている動作)をしたところ、Sleep Cycleは寝返りを検出しました。ただし、寝返りではなく、少し頭を動かした時に反応したようです。実際に自分がどのように寝返りを打っているのか分からないので、この精度が問題になるかどうかは不明です。

寝返りのパターンからレム睡眠がわかるのか?
→できそう
「寝返りはレム睡眠前後に多い」と書かれているサイトは、いくつか見つかります(こことかこことか)。おそらく脳波と寝返りの関係を調べた実験があるのでしょうが、その実験自体の情報は見つかりません。

レム睡眠時に起きると快適なのか?
→今日は快適
昨晩Sleep Cycleをセットして寝たのですが、今日は快適に起きることができました。Sleep Cycleにプリセットされた目覚まし音は、一般的な目覚まし音(ピピピ・・・というビープ音)と違って、とても柔らかい音楽ですが、サクッと目が覚めました。

そもそも「快適に起きたかどうか」は主観的な感覚なので、自分で実験してみるしかないです。もう少し使ってみれば効果の程がわかるでしょう。ちなみに、Sleep Cycleは$0.99。本当に快適に起きられるなら、安すぎる。

なお、同様の目覚まし時計として、SLEEPTRACKERというものがあります。こちらは以前から知っていたんですが、15,000円超という値段がネックで試してません。寝るときに腕時計を付けるというのも、若干嫌な感じが・・・。

0 件のコメント:

コメントを投稿